家族葬のマナー

家族葬のマナーとはどんなものが挙げられるでしょうか。

葬儀やお通夜というのは、
マナーというのはとても大事だと思います。

実際に家族葬に出席すると決まってからではなく、
あらかじめ家族葬の知識を知っておくというのも
立派なマナーではないでしょうか。

家族葬と一般的な葬儀との大きな違いは、
弔問に訪れる参列者がいないという点でしょうか。

その分参列者への対応や気遣いといった事が必要ないという点もあります。

家族葬になると決まった時点で、
参列のお断りを案内でおくる事がマナーだと思います。

同時にお供えものや香典、
弔問などの辞退の旨をお伝えするというのも家族葬のマナーです。

家族葬の案内状で知らせを受け取った人にも、
葬儀や家族葬のマナーというのは必要になってきます。

ご家族だけで故人をお見送りするというのが家族葬なので、
ご家族の意向を充分に理解したうえで、
香典やお供え物の辞退の案内に従って行動をする事が、
家族葬のマナーといえるのではないでしょうか。


スポンサード リンク

家族葬の香典や家族葬の弔電について、
他にも家族葬情報をお届けしています