家族葬への弔電

家族葬への弔電を送る場合は、
一般的な葬儀と比べてどのような違いがあるのでしょうか。

弔電はお通夜や葬儀に日程などの都合により、
どうしても出席できない場合の代用となるものです。

弔電を打って故人への哀悼の意を表すためにあるのですが、
家族葬への弔電というのは、
一般的な葬儀とどのような違いがあるかわからないという人も
いるのではないでしょうか。

家族葬の場合は家族のみで葬儀を済ませるため、
もちろん参列はできないですよね。

香典やお供え物、弔問といったものも辞退しているので、
弔電を送っていいものなのかと疑問に思うはずです。

でも弔電というのは家族葬でも送る事ができるので、
参列することができない家族葬でも、
弔電を打って故人への哀悼の意を表す事が出来ます。

家族葬の弔電は、
お通夜の当日か告別式が始まるまでに届くようにするのが理想です。

また家族葬の弔電は、喪主宛てに送るのですが、
ご自宅や葬儀場に送るのが一般的です。

一般的な葬儀とは違う家族葬の弔電は、
しっかりと礼儀やマナーを理解したうえで送るのが
大事なのではないでしょうか。


スポンサード リンク

家族葬の香典や家族葬の弔電について、
他にも家族葬情報をお届けしています