家族葬と密葬

家族葬と密葬ってどんな違いがあるかご存じでしょうか。

家族葬は弔問に訪れる参列者がいなくて、
家族や親族のみで葬儀を行うというものです。

一般的な葬儀しか経験のない方は、あまり馴染みがないかもしれません。

実は密葬というのは基本的には家族葬と同じような意味なのですが、
後日改めて本葬というのを行う場合に、
事前に行うのが密葬というような違いがあるようです。

故人の生前からの自分の意思で、密葬や家族葬を希望していたことにより、
家族やきわめて親しい親族だけで行う、
密葬や家族葬というのが利用される事もあるようです。

一般的な葬儀とは違い、家族葬や密葬には参列者が訪れない分、
参列者への対応や気遣いというのが少なくなり、
精神的には負担も少なくなるのではないでしょうか。

また葬儀の規模が小さくなるため、
一般的な葬儀に比べて家族葬や密葬は費用があまりかからないはずです。

家族葬と密葬を選ぶ方には様々な理由があると思いますが、
どちらも家族だけで故人とのお別れができる特長を持っています。


スポンサード リンク

家族葬の香典や家族葬の弔電について、
他にも家族葬情報をお届けしています